急にお金が必要になった、そんなときに便利なのがカードローンです。最近では即日融資のカードローンも多く、申込をしたらその日中にお金を手にすることもできます。しかし、金融機関からお金を借りるには、金利が発生します。借りるのであれば、できるだけ金利の低いところで借りたいですよね。金利が低いといえば銀行カードローンですが、銀行カードローンの審査は厳しいと言われています。では、銀行カードローン審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか。

他のカードローンとの違いを比較

銀行カードローンの審査にはどのような特徴があるのか?借り入れ意味をしっかりと理解して、消費者金融のカードローンとの違いから比較してみてみましょう。

・銀行カードローン
銀行カードローンは低金利で高額融資が可能なカードローンです。銀行が直接融資をするということで絶大な安心感・信頼感があります。デメリットとしては審査が厳しめなこと、そして申込をしてからお金を受け取るまで時間がかかる傾向にあることが挙げられます。銀行カードローンは低金利なものが多いためその分利息収入は少なくなります。もし利用者が返済に行き詰まってしまって貸したお金が返ってこないということになりますと、その分利息収入から補填しなくてはなりません。審査を厳しくしてお金を貸す人を選んでいるため審査はどうしても厳しくなってしまうのです。また、銀行カードローンの場合、審査には保証会社の審査も入りますので銀行の審査と保証会社の審査、二重の審査になります。そうしたことなどから審査に時間がかかる傾向にあるのです。

・消費者金融のカードローン
消費者金融は銀行カードローンに比べると金利が高めです。最高限度額が500万円など高額な融資も可能ですが、総量規制の影響を受けるため実際に借りられる額は自身の年収の3分の1までに制限されてしまいます。消費者金融のカードローンのメリットはなんといっても審査の早さです。ほとんどの会社で即日融資が可能ですし、大手の消費者金融になりますと審査時間は最短30分・融資まで最短1時間というところもあります。今すぐお金を借りたい、という方には真っ先に検討していただきたいカードローンです。

属性の点数の基準は?

カードローンの審査の可否における判断材料となるのが、属性とクレジットカードやローンなどの利用履歴である信用情報です。属性は申込者の情報そのもののことであり、年齢や家族構成、職種や年収といった情報を点数化してそのまま審査材料としています。では属性の点数の基準はどのようになっているのでしょうか。

【年齢】
年齢が若ければ若いほど点数は高くなります。年齢が若ければもしも無職になってしまっても再就職できる可能性が高いですが、年齢が50代や60代となってしまいますと難しいからです。

【職種や雇用形態、保険の種類】
医師や弁護士、公務員は収入の安定性の面から点数が高いです。正社員でも上場企業は点数が高く、次いで大手企業、中小企業などと続きます。自営業や個人事業主の場合、収入が多い場合でもカードローンの審査では収入の安定性を重視しているため、どうしても点数は低くなってしまいます。健康保険証は勤務先の証明書となります。共済保険は公務員、組合保険は大手企業となりますので点数が高く、次いで社会保険(中小企業)、一番点数が低いのが国民健康保険(自営業やアルバイト)となります。

【勤続年数】
勤続年数は長ければ長いほど点数が高くなり、審査のなかでも重要度の非常に高い項目です。10年以上など長期間働いている方ですとすぐに会社を辞めてしまったりという心配が少ないですが、働き始めて半年程度の方となりますとすぐに辞めたり転職したりしてしまう可能性があるとみなされて収入の安定性の面で不安視されて点数が低くなってしまいます。最低でも半年以上の勤続実績がないとカードローン審査は厳しいでしょう。

【年収】
年収は400万円以上なら高点数、200万円以下は少し厳しい、という評価です。属性ですと年収が一番重要、年収が高ければ審査が通りやすいと思っている方も多いですが、実はカードローン審査では年収にそこまでのウェイトをおいていません。審査基準は過去の利用者の膨大なデータから決められているわけですが、高収入な方だからといってきちんと返済してくれるというわけではないようです。そのため、年収は一定額以上あればそれで十分、とされているようです。

【住居形態・居住年数】
持ち家の場合には点数が高くなりますが、次いで官舎や社宅、賃貸となり、公営住宅は点数が低くなります。居住年数は長ければ長いほど点数が高くなります。これは安定していて夜逃げなどのリスクが少ないと判断されるからです。

【家族構成】
収入に対して自由になるお金の割合がどのくらいあるか、という点が家族構成の点数のポイントです。よって、独身で家族と同居をしている方ですと家賃がいらないなど生活費が最小限に抑えられるため点数が高くなります。しかし、賃貸で子供のいる家庭でとなってきますと人数分の食費など生活費の他に教育費や学費など出費が多くなり自由になるお金がほとんど出ません。そのためこの場合審査の点数が低くなります。また、独身で一人暮らしの方となりますと、住居形態のケースと同様で点数が低くなります。

信用情報では何が重要?

属性とともにカードローンの審査の可否の判断材料となるのが信用情報です。信用情報は個人信用情報機関に登録されています。登録されているのは、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、申込情報、契約日、契約の種類、限度額、返済回数、返済状況、残高、事故情報などといった内容です。信用情報は種類によって登録期間がきまっており、最長10年間ものあいだ登録されます。なかでも審査において特に重要視されるのは以下のような内容です。

・返済状況
1週間以内のいわゆる初期延滞ですとあまり問題にはなりませんが、1ヶ月〜2ヶ月の遅れが2回以上などありますと審査に不利になってきます。

・利用残高と他社借入件数
年収に対する利用残高の比率が高いと審査で不利になります。また、借入件数は多ければ多いほど不利になっていきます。

・事故情報
3ヶ月以上の支払い遅延の場合延滞となり、金融事故扱いとなります。また、自己破産など債務整理を行った場合にも事故扱いとなり、信用情報に登録されている間は新たな借入が困難となります。

・申込履歴
実際に契約をしていなくとも、申込をしただけで信用情報に載ってしまいます。1ヶ月の間に3社以上など、短期間に複数社の申込履歴がありますと審査で不利となります。

カードローンの審査に通るのはどういう人か

カードローン審査で属性や信用情報でどういった点が判断材料となっているのかわかったところで、どういった人がカードローンの審査に通りやすい人なのか?その条件を挙げてみましょう。

・年齢が比較的若い
・安定した一定の収入のある方で年収200万円以上
・他社に借入がない
・今までに延滞など返済の遅れがない

では逆に、カードローン審査に通りにくいと思われるのはどういう人でしょうか。

・年齢が高齢
・収入がない、無職の方
・他社に借入が多い
・これまでに返済の遅れや延滞、債務整理をしたことがある

もちろん、上記に当てはまるからといって即座に審査に落ちてしまうというわけではありません。審査が通りやすい方と比べて厳しいことは予想されますが、審査に全く通らないということではありません。カードローン審査の基準は各社で違いがかなりあります。審査が厳しいところもあれば、比較的審査が柔軟なところもありますのでそうしたところを選んで申込をするといいでしょう。